贈り物のハムをもっとおいしくby乙女55号

ハーブとハムの相性がぴったりなんです♡

前へ
次へ

「ハムのお方とハム ギフトの君」シリーズ

2019-11-06
ハムの名は
2019-10-25
演技派女優の卵
2019-09-26
ハムを作るには鮮度が大切
2019-06-01
ハムのお方とハム ギフトの君 その4
2019-05-21
ハムのお方とハム ギフトの君 その3
2019-04-30
ハムのお方とハム ギフトの君 その2
2019-03-10
ハムのお方とハム ギフトの君 その1
2019-02-01
ハムのお方とハム ギフトの君

ハムの名は。

    ハムの名は。/2019-11-06

    皆さんは、どうしてヨーロッパ地方で、ハムやソーセージ、ベーコンなどの加工されたお肉がたくさん作られているのかを知っていますか?
    現代のように、食物を冷蔵庫などで、長期的に保存しておける技術が無かった時代には、保肉などの腐り易い食材を、塩漬けにしたり乾燥、燻製にしたりする事で食べ物の長期保存を可能にしてきました。ハムや、ソーセージや、ベーコンは、そのようなお肉の加工の過程からそれぞれ生まれてきたものなのです。それぞれの原料となるお肉は、主に豚肉ですが、その他にも、牛、ヒツジ、シカ、鶏などが用いられています。豚肉は、ハムやソーセージベーコンなどのお肉を加工するには、一番美味しく加工できる素材であると言われています。
    人々が、色々と日常生活の中で、試行錯誤しているうちに、豚肉の加工に辿りついたのかもしれませんね。お肉の加工に使用される豚肉は、その部位や味付け、工程の違いなどによって、様々な種類の加工製品が生まれています。ハム、ソーセージ、ベーコンも同じ豚肉であっても、全く異なる食べ物のようですよね。その他にも、サラミや生ハムなどもありますが、同じハムやソーセージであっても、作られる土地や風土によって、全く異なったものが出来上がるほど、味も見た目も違ってくるのです。日本で独自に生まれたハムもあります。
    「プレスハム」と呼ばれるもので、様々な部位のお肉を成形して形づくったハムの仲間です。プレスハムには、皆さん良く知っているお馴染みの魚肉ソーセージに使われるような、魚肉が使用されたり、ベーコンなどの他の加工品を作る過程でうまれた、寄せ集めの食材を使用することから、「寄せハム」などとも呼ばれていたようです。この製法は、日本人の食材を無駄にしない精神をもっている現れであると解釈している料理研究家もいるようです。皆さんも、次回、ハムを召し上がる時に、ハムに張られたラベルに注目してみて下さい。ハムにも、様々な名前がついているんですよ。

サービス

  • 制作者:乙女55号
    趣味:ハーブを育てること♡
    好きな食べ物 :ハム
    ご連絡はお問合せフォームからお願いします♡

免責事項:このサイトに掲載している情報にもとづき行なった行為に対し、閲覧者、第三者の方に損害が発生したとしても、私は責任を負うことが出来ません。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧ください。

ページのトップへ戻る