贈り物のハムをもっとおいしくby乙女55号

ハーブとハムの相性がぴったりなんです♡

前へ
次へ

「ハムのお方とハム ギフトの君」シリーズ

2019-11-06
ハムの名は
2019-10-25
演技派女優の卵
2019-09-26
ハムを作るには鮮度が大切
2019-06-01
ハムのお方とハム ギフトの君 その4
2019-05-21
ハムのお方とハム ギフトの君 その3
2019-04-30
ハムのお方とハム ギフトの君 その2
2019-03-10
ハムのお方とハム ギフトの君 その1
2019-02-01
ハムのお方とハム ギフトの君

演技派女優の卵

    演技派女優の卵/2019-10-25

    ホテルの朝食で、目の前でコックさんが目玉焼きやオムレツを焼いてくれる時に、どちらにしようかいつも迷ってしまいます。卵料理は、同じ卵を使っているはずなのに、その調理方法で、まったく異なる食べものに感じるからです。
    時々、スクランブルエッグの下手くそなコックさんがいますが、完全に入り卵だよねって、ツッコミを入れたくなるのですが、入り卵とスクランブルエッグは、あんなに近い調理法なのに、ほんのちょっとの火の入り具合で、全く別物の食べものです。私の性格が細かいと言う訳ではなく、これは、ほとんどの人が気付いている事だと思います。
    卵料理ほど、火加減の難しい料理はないのではないかと思うほど、ほんのちょっとの火加減で、全てが台無しになってしまう事があります。茶碗蒸しなどは、「す」が入るのとそうでないのとでは、残念感が違ってきます。ハムの上に目玉焼きと、ベーコンの上に目玉焼きも、全く別ものです。温泉卵と、ポーチドエッグも、まったく別物ですよね。卵黄や白身の食感であんなに違った食べ物になってしまうんですね。ゆで卵も、半熟とそうでないものは、ラーメンの上にトッピングされてきた時に違う感覚がしませんか?卵ほど、豊かな表現力をもった食材はないのではないかなと思っています。そんな女優に、あたしはなりたいと、つぶやいてみました。

サービス

  • 制作者:乙女55号
    趣味:ハーブを育てること♡
    好きな食べ物 :ハム
    ご連絡はお問合せフォームからお願いします♡

免責事項:このサイトに掲載している情報にもとづき行なった行為に対し、閲覧者、第三者の方に損害が発生したとしても、私は責任を負うことが出来ません。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧ください。

ページのトップへ戻る