贈り物のハムをもっとおいしくby乙女55号

ハーブとハムの相性がぴったりなんです♡

前へ
次へ

「ハムのお方とハム ギフトの君」シリーズ

2019-06-01
ハムのお方とハム ギフトの君 その4
2019-05-21
ハムのお方とハム ギフトの君 その3
2019-04-30
ハムのお方とハム ギフトの君 その2
2019-03-10
ハムのお方とハム ギフトの君 その1
2019-02-01
ハムのお方とハム ギフトの君

ハムのお方とハム ギフトの君 その4

    ハムのお方とハム ギフトの君 その4 /2019-06-01

    高校時代のS子から送られてきた、「ハム ギフトの詰め合わせ」が美味しかったので、その感想と、報告を兼ねて、S子に電話連絡を入れてみたところ、S子は、私の「ハム ギフト」の総評に、とても喜んでいる様子でした。
    私が「ハム ギフトの詰め合わせ」の外観も箱を開けた内容も、トレジャーハンティングのように、海底で海賊の財宝や宝箱をみつけたようなワクワクした気持ちをもったと伝えると、「うちの会社と提携しているクライアントさんが、ハムの歴史を伝承するような、ハム ギフトの包装パッケージをデザインして欲しいとの事だったので、ハムの歴史を調べてみたところ、西洋の海賊たちが航海に出る際に、塩漬けした肉類を好んで貴重な食料として海賊船に詰め込んだようだったので、海賊たちの宝箱をイメージして、ハム ギフトのデザインをしてみたの。喜んでもらえて良かったわ。」と、S子は上機嫌で電話を切電しました。
    S子との久々の連絡から、まだ数週間しか経過していなかったのですが、やはり青春期を共に過ごした旧友は、少しの間、連絡を取り合っていなくとも元の関係に戻れるものなのだなぁという事実を実感致しました。S子のハム ギフトへのお返しを考えていると、どうしてもあの間違え電話の声の主が気になってしまっていました。どこかで聞いた事のあるような声なのですが、決定的な答えがみつからないでいました。
    私の携帯電話に電話番号が登録されていないとすると、最近の友人関係の人ではなさそうです。声の感じからすると、同年代のような気もしていましたが、電話の声で描いた勝手なイメージは、実物とかけはなれている事が多いので、全く声の主の具体的なイメージが湧いてきません。
    そんな事を考えていたら、間違い電話の声の主が、昨晩の夢に出て来てしまいました。すると・・・。思ってもいなかった人だったのです!

サービス

  • 制作者:乙女55号
    趣味:ハーブを育てること♡
    好きな食べ物 :ハム
    ご連絡はお問合せフォームからお願いします♡

免責事項:このサイトに掲載している情報にもとづき行なった行為に対し、閲覧者、第三者の方に損害が発生したとしても、私は責任を負うことが出来ません。またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧ください。

ページのトップへ戻る